ホーム > 共用試験対策CBT模擬試験 > CBT模擬試験の内容

薬学共用試験対策CBT模擬試験の内容

薬塾にストックされた問題の中から3分野310問出題され、実際のCBT共用試験と同じように受験できます。

問題の構成

全3分野(310問)

内訳:
ゾーン1 105問≪試験時間:120分≫
ゾーン2 105問≪試験時間:120分≫
ゾーン3 100問≪試験時間:120分≫

・試験時間内に採点を行うことが可能な仕組みになっています。
・試験時間経過後は自動的に採点を行う仕組みになっています。
・解説は各ゾーン終了後、インターネット上ですぐに閲覧可能です。
・試験結果の閲覧期間中は、IDとパスワードを入力してアクセスすればいつでも自分の成績と全解説を閲覧できます。また、総合順位(全受験者中の順位)は試験期間終了後にご覧になれます。
※ただし、問題を解けるのは各ゾーン1回限りです。

動作推奨環境

CBT模擬試験の動作推奨環境は以下のとおりです。

オペレーティングシステム
(日本語版のみ)
Windows8.1 / Windows8 / Windows7 / Windows Vista
Mac OS X 10.4.x, 10.5.x
ブラウザ - Windows
(日本語版のみ)
Google Chrome、Internet Explore8.0以降、Firefox
ブラウザ - Macintosh
(日本語版のみ)
Safari 3.0, 3.1, 3.2, 4.0

受験・お申込みの前に 「無料体験版」 にて動作確認を必ず行ってください。


無料体験版の詳細はこちら
CBT模擬試験の申込みはこちら

※Microsoft Edgeを利用して受験した際にトラブルが報告されています。できるだけ他ブラウザをご利用いただくことをおすすめ致します。